フレデリック・コンスタントが2つの新しい スリムライン パーペチュアルカレンダー マニュファクチュール タイムピースを発表

フレデリック・コンスタントでは、ユーザーの皆さまにより価値ある製品をお届けすることをビジョンの中心に据えて探求を続けています。2016年には、フレデリック・コンスタント初の自社製パーペチュアルカレンダー、キャリバーFC-775によって、新たな機械としての卓越性を取り入れました。

主な目的は、全体としてのダイヤル デザインの調和の取れた、オフセンターのサブダイヤルを備えた現代的なサイズの時計を作り出すことでした。

FC-775G4S4
Frederique_Constant_FC-775G4S4_details_3_caseback_SD_credit_Eric_Rossier

これら2つの新作には、サンレイ装飾が施され、アプライドインデックスを備えたグレーのダイヤルとペルラージュ&コート・ド・ジュネーブ装飾が施されたムーブメントが採用されており、洗練されたポリッシュ仕上げのステンレススティール製かローズゴールドプレートのポリッシュ仕上げステンレススティール製のいずれかのケースを備えています。

パーペチュアルカレンダー機能を備えたこのタイムピースは、月周期だけでなく分、時、日付、曜日、月、4桁の数字で年を表示します。それぞれがデザイン性に優れているだけでなく、読み取りやすいダイヤルとなるように考慮を重ねて配置されています。日付は3時位置に、曜日は9時位置に、月は12時位置に、閏年は6時位置のサブダイヤルに表示されます。 

どのコンプリケーションも単独で、コレクターを使って簡単に調節できます。1回設定すると、この高度に洗練された機構は30日と31日の月、28日の2月、4年ごとに来る閏年の29日になる2月を記憶してくれます。 通常、このウォッチは400年に1度のみ手動での調整を必要とします。次に調整が必要になるグレゴリオ暦の特例は2100年3月1日です。

このフレデリック・コンスタントの「スリムライン パーペチュアルカレンダー マニュファクチュール」では、月、日付、曜日、年、時、分、閏年、ムーンフェイズを読み取りやすく表示します。

Frederique_Constant_FC-775G4S4_details_5_SD_credit_Eric_Rossier