30 YEARS ANNIVERSARY IN PARIS

卓越したサクセスストーリー:フレデリック・コンスタントの創業30周年を祝して
「この世の中で時宜を得たアイデアほど強いものはない」。1885年にヴィクトル=マリー・ユーゴーはこのような名言を残しています。

それからほぼちょうど100年後の1988年、ピーター・C・スタースとアレッタ・スタース-バックスはそのようなアイデアを実現しました。休暇中にスイス アルプスでスキーを楽しんでいるときに、彼らはショーウインドーに飾られているリストウォッチに心打たれたのです。彼らのこのモデルに関する理知的な議論は、手首に着けるタイムピースに対する本格的な情熱へと急速に発展しました。2人は自分たちの時計ビジネスのためには、現在の多国籍企業での将来有望なキャリアを犠牲にするしかないという結論に至りました。ローマは一日にして成らず。同様に、彼らの高性能な時計製造を実現するという起業化精神は、一晩で形になるようなものではありませんでした。1980年代半ば、2人は仕事の関係で香港を訪れました。

Event news 1
Event news 4

そこでさまざまな時計を目にする機会に恵まれたピーター・スタースは、日々の業務と並行して、高品質なデザイン ソフトウェアを販売する小さな会社を設立しました。この野心的なオーナーはまた、この会社を使って自身の最初のリストウォッチをデザインしました。彼は中国で製造されているものはすべて魅力的とは言い難いと考えていたので、出版物や関連するカタログを熱心に研究しました。これが発展して、自宅のキッチンテーブルでさまざまな部品を組み合わせて作られた最初の試作品シリーズが誕生しました。アレッタ・スタースは、香港の時計見本市にこれらのいくつかを出品しました。最初、彼らはまったく通用しませんでした。しかし、この見本市の終了間際に、日本人の卸売業者が350本の時計を注文してくれたのです。

これらは驚くほどのスピードで売り切れました。さらに1100本の時計が発注されたことは、わずか6つのモデルのみの小規模な試作品コレクションにとっては十分すぎるほどの励みになりました。エレガントなケースには、電子クォーツ ムーブメントのみが収納されていました。品質は極めて重要な役割を演じるため、組み立てはスイス製のパーツを使って、スイス国内で行われました。これらの生まれたばかりの試作品は見事な成長を遂げました。当然の流れとして、これらには適切な名前が必要になりました。ここで、アレッタの曾祖母であるフレデリック・シュライナーとピーターの曾祖父であるコンスタント・スタースが登場します。これら2人の祖先のファーストネームを組み合わせて、フレデリック・コンスタントというブランド名を作ったのです。

Event news 3