ブランド初の 自社製 「フライバック クロノグラフ マニュファクチュール」を発表

6年にわたる開発期間から、部品の製造、最終的なキャリバーの組み立てまで、すべてが自社で行われたフレデリック・コンスタントの新作モデル「フライバック クロノグラフ マニュファクチュール」。最も注目すべき点は、自社製のフライバック クロノグラフ ムーブメントを搭載した本モデルをブランド理念である「Accessible Luxury/手が届くラグジュアリー」をもとに、50万円台の価格設定を実現したことです。

flybackchrono-movement

フライバック クロノグラフの機能

FC-760はフライバック機能、別名「ルトゥール・オン・ヴォル」機能を備えた1930年代のクロノグラフにインスパイヤされたムーブメントです。このフライバック機能は、時間の間隔を測定する際に、通常のリセット操作をすることなく 、クロノグラフを自動的に再スタートさせることができます。この機能により、たった一回の操作でクロノグラフ針をストップさせ、0の位置にリセットし、再スタートさせることが可能となりました。これはレース競技等における連続した出来事を計測するのに不可欠な機能ともいえます。

square-02-flyback-chronograph

星型歯車(特許取得)

一般的な高品質なクロノグラフウォッチの多くはコラムホイールを採用していますが、FC-760は従来のコラムホイールではなく、星形のスターホイールを採用しています。スタート・ストップボタン (2時側のプッシュボタン) によって作動するレバーとともに、スターホイールは、このフライバッククロノグラフの流れるような動きの源となるのです。

flybackchrono-drawing

構成部品わずか233個

新型FC-760ムーブメントは、モジュール構造を採用しており、わずか233個の部品で構成されています。その内、モジュールには96個の部品が使われています。一般的なクロノグラフウォッチより少ない部品数でムーブメントが構成されているのにも関わらず、この強力なムーブメントは、ローターが両方向に回転し、38時間のパワーリザーブを確保出来ているのが特徴です。

ダイレクトフライバック

たった一回のプッシュボタン操作でクロノグラフがリセットされ、再び測定を開始できるのは、ケースの4時位置のプッシュボタンとそれに連動するメカニズムがクラッチの切り離し、クロノグラフのリセット、クラッチの再接続という三つの連続した素早いシークエンスを行っているからです。FC-760の独自の構造によって、この複雑な動作の連続を瞬時に行うことが出来ます。

Frederique Constant Flyback Chronograph Manufacture Stainless Steel

フレデリック・コンスタントの本質を象徴するデザイン

フライバックマニュファクチュールコレクションには、2つのバージョンが登場します。1つは、シルバーまたはダークグレーの上品なダイヤルを採用したカジュアルなデザイン、もう1つは、クル・ド・パリ装飾を施したシルバーダイヤルにブラックでプリントされたローマ数字とブレゲ針をあしらった、よりクラシカルなデザインです。3時、6時、および9時の位置にそれぞれ、30分積算計、指針式デイト、スモールセコンドが配されています。シースルーケースバックからは、マニュファクチュール製ムーブメントの特徴であるペルラージュ装飾 とコート・ド・ジュネーブ装飾 を施した新型FC-760ムーブメントを眺めることができます。